持続可能な地域交通を考える会 > 定例会 > 定例会資料 2009年8月

<お知らせ>
このファイルは、ご利用の Web ブラウザによっては表示が乱れる場合があります。 その場合はお手数ですが PDF版 (1.45MB) をご覧ください。


持続可能な地域交通を考える会 2009年 8月(2009年度 第5回)定例会資料

2009年 8月13日(木) @高津区役所4階「市民活動支援ルーム」

議題

  1. 各種報告
    □7/17 野川南台コミュニティバス「みらい」視察会 □7/19 なかはら市民活動の集い「なかはらっぱ祭り」出展 □7/28 「市民主催の環境タウンミーティング」開催 □7/31 「「(仮称)川崎市地球温暖化対策条例の基本的な考え方」に関する意見書」提出(パブコメ対応) □8/06 NGO共同声明「高速道路無料化・自動車関連諸税の暫定税率廃止に、反対します
          〜 高速道路無料化・割引は撤回し、暫定税率は炭素税などにシフトを 〜」への賛同
    □〜8/10 「微小粒子状物質に係る環境基準の設定について(答申案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)対応
  2. 【進捗】MAKE the RULE 川崎
  3. 【進捗】今年度市内事業
    □「地域交通出前講座シリーズ」制作 □世界道路交通犠牲者の日 横浜カーフリーデー2009
  4. 【進捗】その他の事業
    □翻訳出版 □高津区蟹ヶ谷・久末地区の交通不便改善に向けた取り組み
  5. その他の報告と意見交換
    □「エコシティたかつ」ヒートアイランド調査

各種報告

7/17 野川南台コミュニティバス「みらい」視察会

野川南台町会や協議会の皆様、宮前区のご担当者様の多大なご協力を得て、野川南台地区を走る町会自主運営のコミュニティバス「みらい」号の視察が実現した。 これは、自治会を中心となり住民の皆さんが自主運営するコミュニティ交通で、紆余曲折を経て昨年夏より本格運行を開始、私たちが伺った先月でちょうど1周年を迎えた。このコミバスについては http://www.miyamae-portal.net/mp/miyamae_bus/?sid=875 に詳しい情報がある。

今回の視察は、高津区蟹ヶ谷・久末地区の交通不便解消手段を検討するヒントを得ようと実施したものだが、自主運営ならではの苦労や実現に至る条件など、多くの知見を得ることができた。当会としては、交通不便解消に活かすことに加え、得られた知見を広く皆さんに活かしていただけるような取り組みも考えたい。

7/19 なかはら市民活動の集い「なかはらっぱ祭り」出展

中原市民館で開催された中原区のイベントに出展。日曜日のみだが多くの来場者があった。当会は「川崎の交通とまちづくりを考える会」さんに同居させていただく形で出展。当会は主に「地域交通出前講座シリーズ」冊子配布と交通アンケートを実施した。

来場者は多く、右図のようにアンケートは多く集まり、また立ち話をしていく人も多く見られ、その点では好評を得たが、冊子・リーフレット類の頒布は低調に留まった。

7/28 「市民主催の環境タウンミーティング」開催

(仮称)川崎市地球温暖化対策条例に関する市民と行政担当者との意見交換会を、NPOアクト川崎さん、MAKE the RULE 川崎 参加団体の協力を得て開催した。当日は川崎市地球環境対策室より担当者2名にお来しいただき、市民など19名の参加を得て、条例案の説明をしていただくとともに、意見交換を行った。

会場からは、 ◆謳われている川崎の特徴とは何か ◆市民の感覚から見て分かりにくい ◆審議会で作った計画に市民は乗ってくるのか・市民が参加できる枠組みにしてほしい ◆廃棄物や交通・まちづくりなどでのこれまでの取り組みを例示し具体的な施策を盛り込まねば絵に描いた餅になるのでは ◆目標値や成果と連動した仕組みが必要では ◆環境にやさしい行動をする人が得をするような仕組みがほしい ◆条例案と具体的な計画策定の今後の検討日程を教えてほしい ◆エネルギー転換部門など事業者が情報公開を避けている部分があり公開を義務づけてほしい など、様々な意見が出た。

また、今回を契機に、今後も市民の継続的な参加ができる機会を設けていくことが提案され、実施することになりそうだ。さしあたり次回は、パブコメ集計が終わる10月に意見交換会を行う方向で検討されている。次回も奮ってご参加いただきたい。

7/31 「「(仮称)川崎市地球温暖化対策条例の基本的な考え方」に関する意見書」提出(パブコメ対応)

「(仮称)川崎市地球温暖化対策条例」の基本的な考え方への意見募集(パブリックコメント)に際し、7月定例会で意見を出していただき、また28日には上記「市民主催の環境タウンミーティング」を開催した。その前後に ML でも意見募集していたが、ML では特に意見はなく、当会からの意見書は 7月定例会で話し合った結果を中心に 6項目設けて提出した。その内容は別紙のとおり。

8/06 NGO共同声明「高速道路無料化・自動車関連諸税の暫定税率廃止に、反対します 〜 高速道路無料化・割引は撤回し、暫定税率は炭素税などにシフトを 〜」への賛同

8月5日の MAKE the RULE 実行委員会の席で発表された掲題の NGO共同声明につき、当会も賛同した。これは、環境分野で活躍されている団体を中心に、現政府の「高速値下げ」、および民主党・社民党・国民新党などが提唱する「ガソリン値下げ」(「暫定税率」撤廃)「高速無料化」が、環境にやさしい生活をめざす社会の要請に反するものであることから、その撤回を求めるもの。8月11日現在で当会を含め全国18団体が賛同しており、引き続き賛同団体が募集されている。

また、当会は手続きが間に合わなかったが、7月25日にはクルマ社会を問い直す会ほかが「高速道路無料化及び暫定税率撤廃についての意見書」を発表している。

〜8/10 「微小粒子状物質に係る環境基準の設定について(答申案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)対応

掲題の意見募集が行われたのに際し、当会ではホームページから簡単に意見を送れるフォームを用意した。そこでは意見案として東京あおぞら連絡会作成の意見文を組み入れ、もちろん任意に変更もできるし、簡単に意見を提出できるようになっている。

また、当会からも、東京あおぞら連絡会の意見文で意見提出を行った。

なお、この結果は中央環境審議会大気環境部会での検討を経て答申が出されるが、原案のとおり答申が出された場合、数ヶ月中にも環境基準設定に向けた動きになる見込みと聞かれる。今後ともその動向を注視していただきたい

【進捗】MAKE the RULE 川崎

7/21 第3回作戦会議

かわさき市民活動センターのフリースペースに賛同団体の関係者5名が集まり、意見交換と、今後開催予定の地域セミナーの展開方法などについての検討をした。

8/05 第5回実行委員会

MAKE the RULE キャンペーン 1周年の節目に実行委員会会合が開かれ、川崎からは2名参加。当日は、今後の方針の検討や「エコチェック」の発表記者会見、パネルディスカッションなどが行われた。

8/18 第4回作戦会議

18:30から、かわさき市民活動センター・フリースペース(前回と同じ、武蔵小杉駅より徒歩数分)にて開催予定。9/05イベントの打ち合わせや、地域セミナーの具体的な内容などを検討する予定。

9/05 市民共同おひさま発電所 1周年記念イベント 枝廣淳子氏講演会

MAKE the RULE 川崎で協力して開催することとなった。当会からもお手伝いにご参加いただきたい。MR川崎からは、署名募集、および講演後にステージでシロベエ実行委員長に出てもらい PR を行う。来場見込者は主に一般参加者とのこと。その段取りは 8/18 に調整する。

当日お手伝いいただける方は、9月 5日(土) 17時川崎市国際交流センター(東急東横線・目黒線 元住吉駅より徒歩約10分、駐輪場あり)に集合していただきたい。当日は受付・署名募集のお手伝い、ステージの裏方などの作業が想定される。

【進捗】今年度市内事業

「地域交通出前講座シリーズ」制作

地域交通出前講座シリーズ #2 の発刊に向け調整中。これは今月中に目処が立ちそう。

また、#3 以降の内容として、野川南台コミバス視察報告、良いバス停の事例紹介、未来絵本(クルマを使わない生活とクルマ依存の生活との対比で描く)などの案が出ている。

世界道路交通犠牲者の日

今月も進展なし。今月中に動き出さない場合は内容変更も含めて再検討を行いたい。

横浜カーフリーデー2009

引き続き、実行委員会が毎週開催されている。 当会としては、参加団体に名を連ねることにしたものの、出展予定は無く、昨年同様、会員有志でお手伝いに参加できればと思っている。

なお、参加団体の負担として、団体参加費が3000円、また最低限 8/15 と 9/05 の実行委員会に出席が必要と聞いている。8/15 出席は目処が立ったが、9/05 に出席できる方がいなければ当会の参加可否が問われるかもしれない。

【進捗】その他の事業

"Divorce your car!" 翻訳出版

出版社探しに着手し、今のところは一般向け書籍として数社にご相談を持ちかけているが、難航している感は否めない。また原著者へのご連絡に着手した。

高津区蟹ヶ谷・久末地区の交通不便改善に向けた取り組み(協働)

当会では引き続き関係部局との調整を担当するとともに、7/17 の視察会手配などを行った。今後は、地元の皆さんに仲間を増やしていただけるよう、チラシ制作などの話もある。

その他の報告と意見交換

「エコシティたかつ」ヒートアイランド調査について

高津区の事業「エコシティたかつ」にて、首都大学東京と協力してのヒートアイランド調査が行われている。これは 2人 1組で連続記録式温度計とGPSを持って街中を歩くもので、初回調査は 8月11日(月) 午前2時より行われ、その結果(速報値)が下のように出た。

当日日中に予定されていた測定は荒天のため延期になった。次回は 9月 4日(金) 13時より行われる予定。

意見募集(■)とイベント(◆)

◆16(日) 自転車トークライブ Vol.2@サイクルスクエア北参道(地下鉄副都心線 北参道駅、JR中央緩行線 千駄ヶ谷駅、山手線 代々木駅、都営大江戸線 国立競技場駅)

◆17(月) 講演会「集約型都市と公共交通―地方都市の再生―」@都市センターホテル 3階(地下鉄永田町駅 5番・9番出口より徒歩約3分)

◆18(火) MAKE the RULE 川崎 作戦会議@かわさき市民活動センター フリースペース(武蔵小杉駅)

◆23(日) シンポジウム「世界の交通先進都市、そして横浜」@かながわ労働プラザ 第5・6会議室(JR根岸線 石川町駅)

◆29(土) 温暖化問題とクルマについての学習会@港区立虎ノ門健康福祉館「とらトピア」2階 多目的室(地下鉄銀座線 虎ノ門駅)

◆29(土)〜10/12 企画展「川崎・縄文・1万年 ―大地に刻まれた生活と温暖化―」@川崎市市民ミュージアム(武蔵小杉駅などから等々力緑地方面バス)

◆9/05(土) 市民共同おひさま発電所 1周年記念イベント 枝廣淳子氏講演会「地球温暖化防止のために市民ができること〜COP15における日本の役割〜」@川崎市国際交流センター(東急東横線・目黒線 元住吉駅より徒歩約10分)

◆9/12(土) シンポジウム 川崎の“農”を知ろう!@多摩市民館 第1会議室(小田急線 向ヶ丘遊園駅北口、JR南武線 登戸駅)

募集・お願い

3月の写真:公共交通でエコライフ!バスをご利用ください。 (54KB)
3月の写真「公共交通でエコライフ!バスをご利用ください。」

ホームページに掲載する「今月の写真」

このところ更新が滞っており、写真を募集中。

持続可能な地域交通に関するものや、川崎市内の風景で季節感のあるもの、徒歩・自転車・公共交通で快適に過ごせる場所などの写真またはイラスト(自作のものに限る)を、題や簡単な説明文を付けてご応募いただきたい。原則として横400px・縦480px以内で縦横比を変えずに縮小して掲載。

メールマガジン

9月号の論文・コラム・書評など(2000字以内)の原稿は 8月31日必着。また、来月のイベント・講演・パブコメ情報(環境・交通分野)も随時寄せてほしい。

会費・寄付

2009年度の年会費(2000円)は、定例会当日に現金で、または郵便振替用紙でのお振込をお願いしている。また、賛助会員(年会費3000円)や随時の寄付も募集中。

「ワンコイン寄付」

ホームページからクレジットカードでご寄付いただける仕組みを準備中。

会計、会報、ポータルサイトなどの事務ご担当

助成金申請通過などにより、事務負担がますます増しており、会報やポータルサイトへの情報掲載なども含め、事務作業を分担したい。会計、会報、ポータルサイトなどの作業を分担してご担当いただきたい。

次回定例会のお知らせ

次回定例会は、9月10日(木) 18:30〜 高津区役所4階「市民活動支援ルーム」(同じ場所)で開催します。 引き続き今年度の各事業の進め方を打ち合わせるとともに、「自転車等駐車場利用者の適正な負担のあり方検討会議」中間報告、川崎市環境審議会「窒素酸化物に係る大気環境対策」に関する検討など(先にパブリックコメントにかかるものを優先)を予定しています。次回もご参加ください。


持続可能な地域交通を考える会 > 定例会 > 総会・定例会資料 2009年8月

© 2008-2019 Sustainable Local Transit committee, Kawasaki Japan. Some rights reserved.